目の老化、白内障など病気克服編

緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」の抗酸化作用で目の病気を予防する

緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」の抗酸化作用で目の病気を予防する最目の治療法としては、レーザーや超音波を使った手術がスタンダードになってきていますが、これらの治療法は最近では安全性も高く体への負担もごく軽いものとなっています。

同時に最近では栄養学的な研究も進んでおり、「ルテイン」と呼ばれる栄養素が眼病予防や症状改善に素晴らしい効果を発揮するということが臨床データにより明らかになってきました。
目の病気に悩む人々の増加に伴い我々の目を病気から守ってくれる医療技術もまた、日々進歩しているのです。

 

目にとってなくてはならない栄養素「ルテイン」

「ルテイン」という名の栄養素が世界中から注目を集めています。さて、それではこの「ルテイン」とは一体どういったものなのでしょうか。

そもそもルテインとは、植物や魚介類に含まれる「カロテノイド」と呼ばれる成分の一種であり、他のカロテノイドが人間の体内に入るとビタミンAに変換されるのに対し、このルテインは変換されないために今まであまり注目されることがありませんでした。

しかし、実はこのルテインは、強い抗酸化作用を持っていることが研究により明らかになり、それにより日中の紫外線から目を守る効果があるとわかりました。 さらにルテインには眼病予防効果もあり、日常的に摂取することによって白内障や萎縮型黄斑変性(いしゅくがたおうはんへんせい)など、さまざまな目の病気の発症率を低下させる働きが明らかにされています。

他にも肌を紫外線から守ったりと、目以外の部分にも効果があることが報告されており、健康な人生を歩むうえでまさに必要不可欠な栄養素であるということがいえるでしょう。

 

ルテインを豊富に含んでいる食物

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれており、火を通しても栄養分が損なわれませんので、1日の食事で必要な量を摂取するのは十分可能です。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top