目の老化、白内障など病気克服編

大量の目やには危険信号!今すぐ眼科で医師の診断を!

大量の目やには危険信号!今すぐ眼科で医師の診断を!結膜炎や涙膿炎、そしてドライアイの疾患の可能性も

朝起きると、目頭の辺りに乾いた目ヤニが付着していることがよくあります。
少量なら問題ありませんが、目が開けづらかったりするくらいの目ヤニがついていた場合は、眼科医の診察を受ける必要があるでしょう。目ヤニとは、目に栄養分を補給する「ムチン」という、主に糖タンパク質でできた粘液に、血管から漏れた老廃物やほこりなどが混じったもので、医学用語ではこれを「眼脂(がんし)」といいます。

普通は、まばたきをすることで目の表面に付着したゴミと一緒に、鼻のほうへ排出されますが、睡眠時はまばたきを一切しません。そのため排出されなかったものが目に付着したまま残ってしまうのです。

もしもあなたが朝起きた時に、目ヤニが大量に付着していた場合は、結膜炎や涙膿炎、そしてドライアイなどの疾患がある可能性が大きいといえます。また、高齢になってくるとまぶたの
筋肉がだんだん弱くなっていくので、目から鼻への排出がうまくいかなくなります。その結果涙目となり、感染を起こしやすくなってしまいます。

また、さかさまつ毛などが目ヤニの原因となることもありますので、あまりに症状が慢性的になってきた場合は、自己流で目をケアするのは禁物です。早急に眼科医による適切な処方を受けることが必要です。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top