目の仕組み

まだまだ日本では定着せず角膜移植「アイバンク」の実態とは?

まだまだ日本では定着せず角膜移植「アイバンク」の実態とは?

切り札の角膜移植

昭和40年、角膜移植の普及のため日本アイバンク協会が設立されました。角膜の病気またはケガなどで視力を失った場合、アイバンクに登録されている人が亡くなった時に、提供される透明な角膜を移植することで、視力の回復が期待できます。

角膜による視覚障害を持っている人は、現在国内で約3万5000人にのぼり、年間約2500件の角膜移植手術が行なわれています。一方、肝心の角膜提供者の数は最も多い年で86年の1240人。ここ数年では1000人以下となり、障害を持っている人に対して提供される角膜の数が圧倒的に不足しているのが現状です。

そのため、移植される角膜の約半分はアメリカからの輸入に頼らざるをえない状態が続いています。アイバンクは現在全国に54カ所設置されており、登録に必要な条件も特にないので、どなたでも登録することができます。

献眼(けんがん)した後は、角膜移植を担当した医師によって義眼(ぎがん)が取りつけられます
ので、外見上の変化はまったくありません。生前に登録していなくても、ご遺族の希望により角膜を提供することも可能となっています。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top