疲れ目一掃編

眼精疲労はビタミンB1が足りないから! 疲れているあなたにオススメの食材とは?

眼精疲労はビタミンB1が足りないから! 疲れているあなたにオススメの食材とは?

眼精疲労はビタミンB1が足りないから

ビタミンB群は体の疲れを軽減する栄養素ですが、その中で目の疲労回復に重要な役割をもっているのが、「ビタミンB1」「ビタミンB12」です。ビタミンB1は、脳や神経組織などに深く関わっている物質で、目の神経組織のエネルギー源であるブドウ糖を、体内でエネルギーに変換するために、必要不可欠な栄養素です。現在、このビタミンB1が不足していることによって、眼精疲労に悩む人たちが急増しています。

ビタミンB12は、ビタミンAと同じく、目の粘膜組織の健康を守る働きを持った栄養素です。不足すれば、角膜や網膜に炎症が起こってしまう可能性が高まります。

これら二つの栄養素は、豚肉やレバーなど肉類のほか、イワシやサパ、シジミやアサリなどの魚介類にも豊富に含まれています。ビタミンAとは違い、ビタミンB群は水に溶ける水溶性のビタミンなので、体に必要な分量を超えるとあとは尿から排泄されてしまいます。体内に貯めておく、ということができないのです。ですから、一度に大量に摂取してもあまり意味はありません。毎日必要な分を摂取することが大切になってきます。

 

ビタミンB群の役割はさまざま

ビタミンB1、ビタミンB12の他にも、目の健康を保つのに欠かせないビタミンB群の栄養素があります。それが「ビタミンB2」と「ビタミンB6です。

ビタミンB2は、主に脂肪の代謝を助けて、動脈硬化を予防する働きをもっています。それと同時に皮脂や粘膜を守る働きももっていますので、疲れ目からくる充血や視力低下の予防にも非常に役立ちます。ビタミンB2は青魚やタマゴの黄昧、さらに乳製品やレバーなどに多く含まれています。

そしてビタミンB6は、タンパク質の代謝を助けて、免疫機能を高める働きをもった栄養素です。
体内を流れる血液をつくるのにも必要な栄養素で、ビタミンB6が不足すると、眼精疲労の原因になったり目の炎症を引き起こしたりしますので、こちらもきちんと摂取するようにしたほ
-つがいいでしょう。

このビタミンB6は、主にレバーや豆類、そして玄米や小麦応芽などの食材にも豊富に含まれています。ビタミンB群は、目だけではなく、体全体の疲労回復に役立つ栄養素ですが、体内
に貯蔵しておくことができませんので、毎日摂取するようにしましょう。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top