目の仕組み

視力矯正はやはりメガネが一番! 日本人の3割が使用するメガネの実際

視力矯正はやはりメガネが一番! 日本人の3割が使用するメガネの実際

メガネにもいろいろ

現在、日本人の3割以上の人がメガネを使用しているといわれています。主な使用目的は、近視、乱視などの屈折異常の矯正のほか、日光を遮断するためのサングラスなどの特殊メガネ装用、老眼による老眼鏡の使用などさまざまです。

眼精疲労を軽減するためだったり、単純にファッション目的で度の入っていないメガネを使用する場合もあります。メガネをかけ始めてしばらくの間は誰でも違和感がありますが、これは時間が経つとともに慣れてきます。もし見えにくい場合や、ある程度の時間が経つでも違和
感が解消されない場合は、本当にそのメガネが自分にあっているのかを改めて確認してみましょう。

メガネは眼球に密着するコンタクトレンズに比べて、目の負担が少ないので、何か特別な理由でもない限りはメガネを使うようにしたほうが賢明です。

使用する時の主な注意点としては、こまめに柔らかい布で拭く。とり外す時は必ず両手で持って外す。使用しない時はちゃんとケースに入れて保護するなど、なるべくホコリや汚れからレンズを守ってあげることが大切です。同じメガネを続けて使っているとすぐに傷んでしまうので、いくつかのメガネをつくって、日によって使いわけるようにすると長持ちします。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top