疲れ目一掃編

肩こり・目の疲労を改善する「首まわし呼吸」とは?

肩こり・目の疲労を改善する「首まわし呼吸」とは?

首の筋肉をほぐす

長時間テレビやパソコンのモニター画面を見続けていると、だんだん首の筋肉が緊張していきます。その状態が長く続くと、首がこってしまうのです。首がこってしまうと首回りの血管や神経が圧迫されて、血液の流れが悪くなり、眼精疲労の悪化、肩こりや腕のしびれなど、さまざまな不快症状につながっていってしまいます。

首のこりから波及して肩こりになった時、肩をもんだり叩いたりして肩に刺激を与える人が多いのですが、根本的な原因である首のこりをほぐさなければ、なんの意味もありません。そんな首のこりをほぐすのに効果的な「首回し呼吸法」を紹介します。手順は次の通りです。

1、背筋を伸ばしたまま、あぐらをかいて座り、首を前に倒す。
2、ゆっくりと首を回す。あごを上げて、首筋を伸ばす。
3、こりや痛みを感じるところで止めて、数回、鼻から息を吸って口から吐く。
4、首を元の位置に戻して、今度は反対方向に首を回して、同じ動作をする。

これをすることによって首の筋肉の緊張がほぐれ、さらに深く呼吸することで、体が本来持っている自然治癒力が引きだされます。首回し呼吸法は、1日に3回くらいやると効果的です。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top