PR

耳から視力がよくなる!?話題の徳永式1.5視力回復プログラムとは?

耳から視力がよくなる!?話題の徳永式1.5視力回復プログラムとは?

レーシックはまだするな!

「メガネやコンタクトをするのが面倒くさい・・・」 「テレビやパソコンがぼやけて見える・・・」 「老眼で、近くの物が見えづらい・・・」 と悩んでいませんか?最近は有名人やスポーツ選手がレーシックを積極的に受けているので 自分も、とお考えの方は多いのではないでしょうか?

多くの方が悩まれているのが、レーシックの費用です。 なぜなら、信頼性のある病院で手術を受けようとすれば、 20~30万円ほどの予算が必要になります。レーシックは公的保険の対象外となるので、 非常に高額になってしまうのです。

『お金がかかっても、今すぐレーシックを受けたい!』 一方で、こんな方もたくさんいらっしゃいます。 たしかに、裸眼で生活できるようになるレーシックは魅力的ですよね。 ですが、これだけは覚えておいてください。 多くの専門家が指摘しているように、レーシック手術は 100%安全とは言い切れないのが現状です。

実際に、年に数千件もの合併症が報告されています。 まして自分の体のことですから、 合併症の危険性から目を背けることはできませんよね。 そしてさらにここで多くの方が知らない事実があります。

実はレーシック手術することなく、視力を回復させる方法があります。

2011年現在、視力関連本の販売累計は日本1位の460万部、23年間で10,138人の実績がある視力回復法をご紹介します。

『メガネやコンタクトをつけたくない!』 『テレビやパソコンがくっきり見えるようになりたい!』 こういった気持ちから、 流行のレーシックをお考えの方もいることでしょう。

 

レーシックは、一生に一度しか受けることができません!

レーシックは角膜をレーザーで削る手術で、メガネやコンタクトで 矯正した程度まで視力が回復すると言われています。 ですがレーシック手術をした方から よくこんな声を聞くのです。『しばらくしたらまた目が悪くなってきた・・・』 『せっかく目がよくなったのに、なぜ・・・』 その原因は、眼筋の衰え。 そもそも目が悪くなる原因がこの『眼筋の衰え』です。

眼筋は普段なかなか使わない筋肉ですので 時間と共に必ず衰えてしまいます。 そのためレーシックを受けても 眼筋が衰えればまた視力は低下してしまうのです。 『じゃあ、もう一回レーシックを受けます!』 ・・・残念ながら、そうもいかないのです。 レーシックは元々薄い角膜を削るため、手術後は 角膜が極めて薄くなることがほとんどです。 薄くなった角膜を削ることは出来ません。 つまりレーシックを2回受けることは不可能に近いのです。

『じゃあどうすればいいの?』

レーシック手術をしなくても 自宅で簡単に視力回復できる方法があります。 その方法は、簡単に言えば
『耳から視力を良くする方法』。 この視力回復法は誰にでも簡単にでき、そしてごくわずかな期間で レーシック手術と同じ効果を得ることが出来ます。

『目はよくなりたいけれど・・・』 あなたは不安に思うかもしれません。 ですが、 あなたに用意してほしいのは1日10分。 たったこれだけの時間で効果が表れます。

『あれ?!メガネの度数が合わなくなってる!』 『朝起きたときに、視界がはっきりしている!』 『黒板の文字がはっきり見える!』 それでは「短期間で簡単に視力がアップする3つの理由」をご覧下さい。↓↓

 「短期間で簡単に視力がアップする3つの理由」はこちら

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top