近視の早期発見とチェックポイント

眼精疲労はメガネでは治らない!

眼精疲労はメガネでは治らない!眼精疲労は、視力低下を招きます。眼精疲労をほうっておくと、視力低下はますます進みます。こうした眼精疲労による視力低下を、ただかんたんに「眼が悪くなった」と考えて、メガネを作ったり、作り直したりする人がいます。当然、メガネを作った当座はよく見えます。

悪くなった視力に合わせてメガネを作ったのですから。でも、視力低下の根本原因は、眼精疲労にあり、それらのほうの治療はしていないわけですから視力低下はどんどんすすみます。そしてまたメガネを作り直す。眼精疲労は複雑な原因がからみ合って発症した眼の病気の一つですから、メガネでは絶対治すことはできません。眼精疲労を起こしている毛様体筋や眼筋の緊張、コリをほぐし、血液やリンパ液の循環をよくしてやり、眼の調節機能を回復させること。つまり眼精疲労の原因を取り除いてやることがなにより大事です。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top