近視の早期発見とチェックポイント

あなたの子供は大丈夫!?近視発見のチェックポイントを一挙ご紹介!

あなたの子供は大丈夫!?近視発見のチェックポイントを一挙ご紹介!近視の発見は早ければ早いほどよく、治療を早い時期に開始すればかなりの視力向上を期待できます。子どもの近視の早期発見は、やはり親の仕事です。近視というと、小学校に入学し、それもキチンと勉強を始める高学年になる頃に心配すればいいことと思っている親がほとんどですが、それでは手遅れになってしまう場合があります。

いまの時代は、3歳ぐらいから近視の始まっている子が少なくないのです。テレビ、ゲーム、さらには英才教育とかで3歳ぐらいからお稽古や英語などの塾へ通わせたり、と、子どもの眼にも苛酷な時代なのです。

また、いまの子どもは昔と比べて外で遊ぶよりも家の中でテレビを見たりして遊ぶことが多く、運動不足になっています。本来、成長期にあたる時期は外でどんどん遊び、それが健全な成長を促すわけです。眼の成長にとってもそれは同じことです。とくに眼にとっては狭い部屋の中ばかりで遊んでいることは、近視を助長しているようなものです。

また、ふだんの子どもの生活態度をチェックしてみることも近視の発見につながります。その早期発見のチェックポイントをあげておきます。

 

①遠くをみるとき、眼を細めていないか?

子どもの近視を発見するきっかけで、もっとも多いのが、遠くを見るとき眼を細めるようになった、というものです。近視を英語でmyopiaといいますが、この語源は“眼を細める”というものです。実際、本当の視力は0.5なのに、眼を細めると0.7まではかんたんに上がります。

つまりカメラの絞りを小さくすることで、ピントの合う範囲を広げるように眼を細くすると焦点深度が深くなり、網膜に映る像をはっきりさせることができるわけです。近視がひどいほど、眼の細め方がひどくなります。最近、ちょっと遠くを見るとき、なんとなく眼を細める感じがする!と思ったら早いうちに眼科へ行って正しい検眼を受けましょう。

 

②くもりの日や、暗いところで眼を寄せるようにして、顔にしわを作らないか?

視力が下がっていると、くもりの日や夕方など外光の少ない日や暗い所では物が見えにくくなります。正視の人でも0.2くらい視力が下がるといわれています。近視の人はもっと低下します。そのため、眼のあたりがぼんやりとうっとうしい感じがあるので、遠くを見るときに眼を細めると同じように、額を寄せるようにしてひたいにしわを寄せるのです。

 

③テレビを見るとき、画面から1メートル以内の近い距離まで近づいていないか?

テレビは、2メートル以上離れて見るのがよいとされています。実際、正視の人であれば3メートル離れてもよく見えるものです。しかし、0.7~0.6くらいの視力になると1メートル以上近づかなければ、画面がはっきりみえません。

 

④机に向かうとき、おおいかぶさるようにしてノートをとったりしていないか?

近視は、近くはよく見えるはずなのに、物を近づけて見る習慣がついています。つまり近業の習慣です。この習慣が近視を招いたのです。

 

⑤本を読むとき、20センチ以内に近づけている

⑥集中力がなくなり、ぼんやりすることが多くなった

よく見えないため、勉強をしていてもイライラと落ちつきません。30分も机に向かっていることができません。こうした集中力がなくなるのは、眼の疲れが原因です。そして、机に座ったまま、ぼんやりしているようでしたら近視を疑ってみてください。

 

⑦よく頭痛を訴える

風邪をひいているわけでも鼻が悪いわけでもないのに、よく「頭が痛い」と訴えます。近視があると、頭痛がしたり、頭が重かったり、子どもでも肩こりがあったりします。

 

⑧眼が充血している

慢性的に眼が赤く、充血していて、疲れた感じになっています。こうした場合も近視を疑ってみることです。

以上、どれも子どもの毎日をちょっと注意深く見ていれば、すぐに気がつくことばかりです。二つ以上気になることがあれば、すぐ眼科へ行って検眼をしてもらいましょう。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top