近眼・老眼視力回復編!

眼の注意力を養うのによい「指先訓練回復法」をご紹介!

眼の注意力を養うのによい「指先訓練回復法」をご紹介!今日は眼の見ようとする力の注意力を養うのによい人差し指を鼻の前方25センチほどのところに立てて行なう指先訓練回復法をご紹介します。

鼻先25センチほどのところに人差し指を、まっすぐ立てます。そして、頭を左右にふりながら遠くにある光景や物体をよぎっていく指の見せかけ上の動きに注目します。人差し指をみつめながら遠方の光景に注意を払い、また、遠方を注目しながら指にも注意を払っているという状態が、眼の注意力を養うのに大変効果があるのです。

正しい視力で物が見えるためには、眼の注意力、眼の働ぎを表えさせないようにしておかなければなりません。この方法も、座ったままでどこでもできるかんたんなものです。手持ち無沙汰なときに、勉強や読書に疲れたときにやれば気分転換にもなります。指先でなく、鉛筆やボールペンを使ってもいいのです。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top