近眼・老眼視力回復編!

視力の悪い人に共通する癖とは!?

視力の悪い人に共通する癖とは!?正常な視力の人は、物体を見たとき無意識のうちにその物の中心となる個所を順に見ています。つまり、無意識のうちに部分的に視点を置き換えながら、眼と心で物の全体を組み立てているのです。ところが、視力の悪い人は物を見るときじっと見つめるクセがついていますから、視点を小刻みに動かしながら物の全体像を見るということができません。ですから、それを訓練でやることで、視点置換のクセをつけるようにするのです。

物を見るとき、ある部分だけ見つめないで、そのまわりの光景にも目と注意を向けること、たとえば人の顔を見るときに、相手の目だけ、話している口もとだけを見つめるのではなく、その人のまわりの光景、服装などにも眼と注意を向けるように、そして小刻みに視点を置き換えるように努力をすることで視力は改善されます。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top