疲れ目一掃編

「青竹踏み」は目の疲れに、やっぱりよく効く!

「青竹踏み」は目の疲れに、やっぱりよく効く!

「青竹踏み」は目の疲れに、やっぱりよく効く!

不健康の原因は足の裏の異常にある!

現代人に半健康の人が多い原因の1つに、「足の裏の異常」があげられると思います。つまり、足の裏が不健康なので全身にいろんな症状が出てきたわけです。足の裏と全身の関係については、まず足の裏のツボとの関連性があげられます。足の裏には全身の健康状態と関係の深いツボがたくさんあるのです。

足の裏にはツボだけでなく、胃や腸、目や脳など体の各組織に対応する場所(反射帯とかゾーンという)もあるのです。実際、それらを刺激して病気を改善する方法があります。たとえばドイツでは「レフレクスツォーネアルバイト・アム・フス」といい、画期的な治療法として注目されています。

 

全身的、精神的疲労が原因

目がかすんだり、ものが二重に見えたり、まぶしさを感じたり、急に涙が出できたりといった目の疲れは、単に目だけの疲れではありません。全身的な過労や精神疲労、睡眠不足といったことが原因と考えられます。

ひどくなると、頭痛、めまい、肩こり、吐きけ、胃のもたれなどを訴えることがあるので、早めに手を打ちましょう。疲れ目の治療には第2指、第3指の付け根の裏にある目の反射帯と湧泉(ゆうせん)のツボを使います。湧泉は読んで字のごとく、「人間の根本的な元気の元が泉のように湧いてくるところ」といわれ、全身の疲労回復に効果のあるツボです。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top