疲れ目一掃編

意外と知らない塗り薬タイプの目薬の使い方!

意外と知らない塗り薬タイプの目薬の使い方!目に塗り薬を塗る場合には、指先を使って塗るのではなく、チューブから直接下まぶたの内側に米粒大をつけるようにします。それが難しいという場合は、清潔な綿棒に乗せてつけるのも1つの方法です。

いずれにしても、チューブや綿棒の先端が、まつ毛やまぶたの粘膜部分に触れてしまわないよう、十分に注意しましょう。薬を塗った後は、下まぶたの上から軽くマッサージをします。こうすると、薬が患部全体にまんべんなく行きわたるからです。薬の保管方法ですが、目薬は光や視度によって成分が変化し、効果が落ちてしまうことがあります。そのような薬には、光を通さないための袋がついていますので、それに入れて保管するようにしましょう。

残った分やこれから使うものは、冷蔵庫に入れて保管しておくと安心です。保存期間ですが、開封したらなるべく1カ月くらいですべて使い切るようにしたほうがいいでしょう。くれぐれも使用期限を過ぎてしまったものを使ってしまわないよう、注意して下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top