ドライアイ

スマホの普及でドライアイが増加傾向! あなたも当てはまるかもしれない国民病

スマホの普及でドライアイが増加傾向! あなたも当てはまるかもしれない国民病最近、「ドライアイ」という言葉を頻繁に耳にします。ドライアイとは主に目が乾燥することによって起こる症状で、原因の多くはテレビやパソコン、携帯やスマートフォンによる影響だといわれています。確かにパソコンやスマートフォンが爆発的に普及して以来、私たちは日を酷使する機会が格段に増加しました。ドライアイや眼精疲労を訴える人が増えているのは、ある意昧当然のことだといえます。

私たちの体は皮脂で覆われていますが、眼球の部分だけは光を通さなければいけないために、皮膚がありません。つまり、目はそれだけ傷つきやすい部分でもあるのです。ドライアイになる原因の1つは、涙腺からの涙の分泌が少なくなることによって起こります。目の水分を保つ涙が少なくなれば、当然目が乾燥してしまうからです。

また、せっかく涙が適度に分泌されていても、まばたきの回数が少なければ眼球に涙が分配されません。パソコンでの作業など、長時間に渡って目を使い続けていると、まばたきの回数は少なくなっていきます。

ドライアイの症状

現在、日本でドライアイに悩む人は潜在的な数も含めると1000万人は存在するといわれています。その中にあなたが含まれている可能性も否定できません。では、具体的なドライアイの症状にはどんなものがあるのか見てみましょう。

 

  1. 目を使うとすぐに充血する、目が疲れる
  2. 目が腫れぼったく、重く感じる
  3. 太陽の光や照明などがやけに眩しく感じられる
  4. 目がかすんでショボショボする
  5. 目を長時間開けていると、涙が流れて止まらなくなる
  6. テレビやパソコンの画面を長時間見られない

ざっとあげましたが、これら以外にも肩こりや頭痛など、目以外の部分に症状がでてくる場合もあります。以上のような症状が現れても、たいていの人は自分がドライアイだとは疑わずにそのまま放置してしまいます。

そして、なにかの拍子に眼科に行った時、そこで眼科医に指摘されて、初めて自分がドライアイだと知るケースが非常に多いのです。あなたも、もしかしたら一つくらい当てはまる症状があるのではないでしょうか。もしあったとしたら、それはドライアイなのかもしれません。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top