ドライアイ

ドライアイの多すぎる涙は「涙点プラグ」を使い涙点を塞ぐ!

ドライアイの多すぎる涙は「涙点プラグ」を使い涙点を塞ぐ!防腐剤の入っていない点眼薬による普段からのケアでも、目の悩みが改善されない場合は、「涙点プラグ」という小さなプラグで、涙の排出口である涙点を外からふさいでしまう方法もあります。

この涙点プラグには、コラーゲン製のものとシリコン製のものがあり、過剰になった涙点から、鼻への涙の排出を止めることで目の潤いを保持します。健康保険も適用されていますので、費用もさほど高額になりません。取りつけるのも簡単で、事前に痛み止めの麻酔薬を点眼しますので、特に痛みを感じることもなく安心です。

取りつけた後はしばらく安静にして、麻酔が切れても痛みがないことを確認します。ただ心配なのは、涙点をふさいでしまうと、汚れた涙の排出まで阻害されてしまうことです。花粉やホコリなどのアレルギー物質が洗い流されずに、目の表面に残留してしまう可能性があります。

しかしこの問題も、上下2つある涙点のうち上だけをふさぐことにより、排出がスムーズに行なわれるということがわかってきました。また汚れた涙が排出されず炎症が悪化する場合も、点眼薬を使用すれば洗い流すことができます。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top