目の疲れ

背骨のゆがみを正すメトロノーム動作で目の疲れを改善!

背骨のゆがみを正すメトロノーム動作で目の疲れを改善!「99%もの人が、背骨がゆがんでいる」といったら、皆さんはたいへん驚かれることでしょう。しかし、これはまぎれもない事実。さらに、ほとんどの人がゆがみ改善のための対策を講じることなく放置しているのです。そのため、目のトラブルだけでなく、さまざまな病気や不快症状が引き起こされているといってもいいでしょう。

ゆがんだ背骨を直すために毎日行っていただきたいのが、上体を左右に揺らす「メトロノーム動作」です。これは、「西式健康法」(創始者の西勝造先生が提唱された、運動や食事療法などを組み合わせた健康法)では「背腹運動」と呼ばれているもので、準備運動と本運動の2つからなります。

準備運動は、一見、動作が多く、むずかしそうに感じられるかもしれませんが、毎日つづけると自然に順番を覚えて簡単にできるようになります。この準備運動は、特に頚椎のゆがみを正す効果があります。準備運動を終えたら本運動に入りましょう。

本運動は、頚椎、胸椎、腰椎など脊椎全体のゆがみを、まんべんなく直すものです。原則として正座で行いますが、正座がつらいようならイスに腰かけて行ってもOKです。本運動は、すわったままの状態で行いますが、このとき「背伸びをするような気持ち」で動作することがポイントです。また、お尻から頭のてっぺんまでを1本の棒のように左右に揺することも重要です。

このとき、垂直な状態から約40度の角度で左右に揺すりますが、「40度」という角度が最初はなかなかわかりにくいようです。「あごのあった位置に肩が来るくらい上体を倒す」とイメージすればよいでしょう。最初のうちは、鏡を見ながら行って感覚をつかむのもいい方法です。本運動で上体を左右に傾けたときは、おなかに力を入れて押し出し、まん中に来たときはおなかを引っ込ませます。このとき、呼吸法は特に関係ないので、自然に呼吸しても問題はありません。1往復を1回と数えて、1分に50~55回の速さで約10分、合計500回行うのが目標ですが、このペースでできるようになるには少なくとも3カ月はかかります。最初は1分に25~30回ぐらいの速さから始めて、正しい動作とおなかの出し入れをきちんと覚えるようにしましょう。

初めはむずかしくても慣れると気持ちよく感じられるようになり、それにともなって目のトラブルなど種々の不快症状も軽減していきます。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top