目の疲れ

肩甲骨を刺激してねこ背を正す「ねこのポーズ」が視力回復に効く!

肩甲骨を刺激してねこ背を正す「ねこのポーズ」が視力回復に効く!人間の体には、傷ついたり調子が悪くなったりしたところを修復して、元の健康な状態に戻ろうとする力が備わっています。ヨガのポーズや呼吸法は、そうした人間の自然治癒力を引き出す作用があるのです。

筋肉や関節が柔軟であれば、多少のゆがみは自然と元に戻ります。しかし、筋肉や関節がこわばっているとゆがんだ形が元に戻らずクセになってしまい、変形したまま定着してしまうのです。

ヨガを行うと、腹式呼吸が自律神経に作用して全身をリラックスさせてくれます。また、ポーズをとることで体の深層にある筋肉が緊張と弛緩を繰り返すと、筋肉のこわばりがほぐれ、ゆがむ前の状態に戻りやすくなるのです。「ねこのポーズ」は、日常生活でほとんど動かすことのない肩甲骨をゆるめる動作があり、縮こまっていた肋骨や肺も聞くことができます。

1カ月ほどつづければ、自然とねこ背が伸び、姿勢の悪さが原因だった眼精疲労などの目のトラブルも軽減します。

ねこのポーズのやり方

  1. 背を伸ばして正座。手は軽く膝の上に置く。足 親指は重ねない。
  2. 足をそろえたままお尻を上げ、肩幅で両手をっつき、四つんばいになる。
  3. 腕を前にすべらせ、 胸とあごを床につけ る。お尻の位置を②の位置からできるだけ変えないこと

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top