目の疲れ

抗酸化作用があるブルーベリーはサプリメントでも大きな効果がある!

抗酸化作用があるブルーベリーはサプリメントでも大きな効果がある!現代は目がストレスを受けやすい時代。公私にわたってパソコンを使う機会がふえ、便利なスマートフォンやタブレットも小さな液晶画面を見て操作をしなくてはならず、目にとってはいいものではありません。

また、オゾン層の破壊による紫外線量の増加など、目をとりまく環境は年々悪化しているといえます。では、こうしたもろもろのストレスから目を守り、目の機能低下を防ぐにはどのような方策を立てればいいのでしょうか。

パソコンやゲーム、携帯電話の使用など目を使う時聞を減らす、UVカットのサングラスで紫外線を遮断する、遠くの緑をながめて目を休ませる、など方法はいくつかありますが、ここでおすすめしたいのが、抗酸化物質の摂取です。なかでも「ブルーベリー」は高い抗酸化作用があり、目にとって実に有効な食べ物として知られています

ブルーペリーが目の機能を回復する秘密は、紫色の色素である「アントシアニン」にあります。目のトラブルや病気は、体をさびつかせる活性酸素の影響によることが多いのですが、強い抗酸化作用があるアントシアニンは、活性酸素を除去する働きがあります。白内障は紫外線による組織の傷害や加齢によるタンパク質の変成が原因とされていますが、こうした変化にも酸化ストレスが関与しています。

また、糖尿病は代謝異常が原因ですが、血糖値が上がって血中で糖と結合したタンパク質から活性酸素が発生して白内障を、動脈硬化が進行して網膜症を引き起こしたりします。こうした酸化ストレスに対抗するのが、ブルーベリーに含まれる強い抗酸化物質。つまり、ブルーベリーを摂取することで目のトラブルや病気を予防・改善することができるのです。

実際、ヨーロッパではブルーベリーを医薬品として認可している国もあるほど、高い効果があります。ブルーベリーを摂取するのなら朝がおすすめ。成分が吸収されるまでには2~4時間かかるので、仕事などでストレスを受けやすく活性酸素が出る可能性の高い時間帯の前に飲んだほうがいいからです。

日本でも栽培されていますが、抗酸化作用が高いのは北欧産。日照時聞が長い夏の間、果実を紫外線から守るために紫の色素が濃くなるので、アントシアニンが豊富だからです。日本ではなかなか入手できませんが、北欧産のブルーベリーを原料としたサプリメントを利用してもいいでしょう。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top