目の老化、白内障など病気克服編

これでもう大丈夫! 目薬の選び方と正しいさし方まとめ

これでもう大丈夫! 目薬の選び方と正しいさし方まとめ

ものもらい・結膜炎

ものもらいはまぶたの一部が麦のような形に腫れることから、正式名称を「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」といいます。黄色ブドウ球菌などに感染したことで発症します。結膜炎は細菌やゴミ、誤って入った薬品などで引き起こされ、どちらも汚れた手でふれると悪化して化膿することがあるので、いじらないことが肝心。化膿したら切開して膿を出すこともあります。

抗生物質入りの点眼薬や軟膏で治療しますが、市販のタイプは成分が薄くて原因となった菌に有効とは限らないので、病院に行って処方してもらいましょう。

 

疲れ目・充血

細菌性の結膜炎や屈折異常のほかは、眼精疲労が原因です。目の痛み、かすみ、涙のほか、ひどいと頭痛や肩こり、吐きけを催すことも。市販の目薬をさして様子を見てもいいでしょう。ただし、防腐剤入りの目薬は目を傷つけることがあるので購入の際には注意を。改善がみられないようなら専門医に相談してください。

 

かゆみ

目のただれかアレルギー性結膜炎が原因です。まぶたの皮脂腺の分泌が多い人は、クリーム色の小さなかさぶた状のものが目の縁にできて、ただれ、かゆみを伴うことがありますが(脂漏性眼瞼縁炎(しろうせいがんけんえんけん))、オリーブ油をつけて分秘物を除去し、清潔に保てば改善します。脂漏性眼瞼縁炎(しろうせいがんけんえんけん)以外のかゆみは、細菌やアレルギー物質が原因。市販の薬ではなく病院で点眼薬や軟膏を処方してもらいましょう。

 

目やに

軽いものなら心配する必要はありません。目があけられないぐらいの量や日中でも出てくるようなら、細菌による感染で炎症を起こしている可能性があります。病院で抗炎症剤か抗生物質入りの目薬を処方してもらいましょう。

 

【効果的で正しい目薬のさし方】

目薬の入っている容器やチューブの先を清潔に保つことが重要です。まつ毛やまぶたにふれて細菌に感染された薬を使っていると、治るものも治りません。チューブや容器が患部にふれないように注意するだけでなく、汚れた手でさわらないようにしましょう。次の①~④の手順が、正しい目薬のさし方です。

 

  1. 石けんで手をよく洗う。
  2. 片手で目薬を持ち、反対側の手で軽く下まぶたを引き、顔を少し上向きにして1~2滴点眼する(用量は医師や薬剤師の指示に従う)。
  3. 点眼後は静かにまぶたを閉じて、そのまま1~5分待つ。まぶたを軽く押さえるのも効果的。
  4. 目からあふれた目薬は、清潔なガーゼやティッシュペーパーでふきとる。

2種類以上の目薬をさす場合は、次の目薬は5分以上あけてから点眼しましょう。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top