近眼・老眼視力回復編!

ブルーベリーが強度近視や網膜剥離を防いでくれる!

ブルーベリーが強度近視や網膜剥離を防いでくれる!なぜ近視が進行すると網膜剥離になってしまうのでしょうか。

生まれたときに外面はだいたい成長が終わっていて、眼球の中は六歳ぐらいまでに発達するといわれています。そして六歳以降に軸性近視になってしまうと言われています。その理由は、成長によるのではなく、眼球がただのびているだけだからと推測されます。

なぜそれがのびるのかというのは、調整性近視が続くことで目の栄養障害がおこり、これによって強膜への栄養補給が低下するためです。なおかつ下ばかり見ている生活をしていると、柔軟性のある成長期に、目を支えている外眼筋も骨格も眼球を支えきれず、眼球そのものが重力に負けてじりじりとのびてしまうのです。これが軸性近視のはじまりです

下ばかり見ている生活や外眼筋の強さのちがい、骨格の成長度合、発病年齢などによって、軸性近視のすすむスピードと程度の差が出てくるということです。このためすべての網膜の病気は、眼球のうしろに発症するといわれているのです。

ところがこの発病をおさえたり、進行を止めてくれる果物があるのです。そう、ブルーベリーです。ブルーベリーを食べることによって、細くなった血管の血流を少しでも正常な状態に近づけることができるのと同時に、毛様体の血流がよくなると言われています。毛様体の血流がよくなれば、調節性の近視の改善には大きな効果が期待できますし、外眼筋にある血管への栄養補給もおこなわれるのです。

これらによって、近視の予防、近視の進行の鈍化、強膜の強化がされるということになります。ですから軸性の近視になってしまったとしても、進行をそこで止めるというわけです。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top