目の老化、白内障など病気克服編

目の疲れ、視力低下を防止! ビタミンAたっぷりの「にんじんの浅漬け」

目の疲れ、視力低下を防止! ビタミンAたっぷりの「にんじんの浅漬け」

目の疲れ、視力低下を防止! ビタミンAたっぷりの「にんじんの浅漬け」

目の健康維持にはビタミンA摂取がたいせつ!

パソコンや携帯電話の見すぎ、スマートフォンの多用など、現代は知らず知らずのうちに目を酷使してしまう時代です。目が疲れる、目がかすむ、暗いとよく見えない、目が乾きやすいなど、目がどうもスッキリしないという症状に悩む人がふえているのも当然でしょう。

健康つくりの基本はなによりもきちんとした食生活にありますが、こうした目の疲れや衰えを防ぐためにも、食事の中で、特に不足しがちな野菜類をとるように心がけることがたいへん重要なことです。

野菜には、さまざまな種類のビタミン、ミネラル、微量栄養素が含まれており、その中には、ビタミンA、ビタミンC、パントテン酸など、目の健康維持に必要な栄養素もたくさんあります。ここでは、この中でも特に目の健康と関係の深いビタミンAの摂取について、とり上げてみたいと思います。

ビタミンAは、目の粘膜形成、正確にものを認識する視力に関係しています。そのほか、皮膚、呼吸器官、浄化管などの粘膜形成にとっても大きな役割を持つ、非常に重要なビタミンです。

ビタミンAが不足すると涙が出にくくなって目がひりひり痛み、暗いところでものがよく見えなくなります。アメリカでは、夜、交通事故を起こした人にはビタミンAの不足者が多いといわれています。

 

肉や魚の料理と別に、にんじんの浅漬けを

そこで、このビタミンAの上手な摂取法ですが、これをとるためにすぐれている健康野菜として、にんじんがあげられます。

にんじんにんじんには、βカロチンという還元性プロビタミンがあって、ガンや動脈硬化を防いでいます。βカロチンが体内で変化して、ビタミンAとして働くのです。野菜のβカロチン含有量をビタミンA効力に換算すると、にんじんにはβカロチンが飛び抜けて多く含まれています。

このβカロチンは、体内でビタミンAに変えるには動物性食品といっしょにとることが必要で、さらに脂肪があれば吸収も高まります。そのために、にんじんを肉などといっしょに料理するのも一法ですが、肉や魚料理とは別のおかずとしてつけ加え、いっしょに食べるという手もあります。

欧米型の動物性食品の多い食事が目立つようになっていることを考えれば、減退しがちな食欲をかき立ててくれる浅漬けなどにして、にんじんをメニューの1つに加えるのは、非常によい食べ方といえます。それで、にんじんの浅漬けをおすすめしているというわけです。

なお、にんじんは組織がかたいので浅漬けにして食べる場合も、薄く切ったり、よく噛んで食べるようにすることも忘れてはいけません。

 

にんじんの浅漬けの作り方

[材料(1人分)]
にんじん50g(小1/3本)、レモン1切れ、塩小さじ1/6
[作り方]
①にんじんは短冊切りにし、塩を振ってしんなりさせます。
②レモンは皮をむいてイチョウ切りにし、水気をしぼった①とまぜ合わせて、器に盛ります。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top