疲れ目一掃編

眼精疲労からくる目の痛みが治る!あたためたコンニャクをまぶたの上にのせるだけ!

眼精疲労からくる目の痛みが治る!あたためたコンニャクをまぶたの上にのせるだけ!

目の痛みは体の変調を呼び起こす

目には非常に細い神経が集まっているので、長時間、目を酷使すると血行が悪くなり、てきめんに疲れが出てきます。目が疲れてくると、目の奥のほうが重苦しく感じられ、だんだん痛くなってきます。

新聞を読もうとすると字がかすんでしまう、目だけではなく頭全体が重いような気がするなど、目の機能がうまく働かない場合には、しだいに体全体がだるくなってきます。そこで、目の疲れをやわらげて頭をスッキリさせてやらなければいけません。それには疲れた目の周りをよくあたためて、血行をよくすることがたいせつです。目の周りは皮膚がとてもデリケートなので、温湿布をする場合でもニンニクやショウガなど、あまり刺激の強いものを使うわけにはいきません。こんなときに役に立つのがコンニャクなのです。

コンニャクは成分のほとんどが水分ですから、肌に対する刺激がまったくといっていいほどありません。そのため、目の周りにも安心して使えます。コンニャクの熱はとてもやわらかく深く浸透するので、繊細な目を温湿布するのにはぴったりです。

コンニャク温湿布は、コンニャクを目の大きさに切ったものをそのままゆでます。10分から15分ゆでて、十分あたたまったら、ふきんなどで水気をふきとってから清潔なガーゼかタオルにくるんで、目の上に当ててしばらくおきます。あたたまって気持ちょいと感じるようなら成功です。

コンニャクが冷めたらもう一度同じことを繰り返しますが、はじめに2枚のコンニャクを用意しておくと効率よく温湿布ができます。ただし、眼球の部分はとてもデリケートなので、コンニャクが熱くなりすぎたらただちにはずしてください。このところどうも目が疲れて困るといったかたは、冷蔵庫にコンニャクを常備しておくと便利です。コンニャクの熱はなかなか冷めないので、温湿布には理想的な素材です。

しかも、コンニャク自体が十分にあたたまっていますから、カイロと併用する必要がなく、単独で利用できるのもうれしいところですね。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top